• WEBサービス
  • コーポレートサイト
  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • TOP
  • >
  • グレーチングの選び方

グレーチングの選び方

ご使用になる溝の形状や、ご使用環境・用途、また、グレーチングーの上を何か通るかなど、ご使用場所による切り口をご用意いたしました。下記の切り口からご選択ください。

1.溝形状を選ぶ

まずご利用になる溝の形状に合わせたタイプを選択します。

  • みぞぶたタイプみぞぶたタイプ
  • U字溝タイプU字溝タイプ
  • ますぶたタイプますぶたタイプ
  • かさあげタイプかさあげタイプ
  • ステンレス玄関マットステンレス玄関
    マット

2.素材を選ぶ

一般的にな溝ふたにはスチールグレーチング、玄関マット・厨房にはステンレス製、ベランダの目隠し・床材にはFRPグレーチングなど、用途に応じて選択します。

  • スチールスチール一般的な溝ふたに最適
  • ステンレスステンレス厨房・玄関マットに最適
  • FRPFRPフェンス・目隠しに最適
  • 合成ゴム合成ゴムゴルフ場・幼稚園庭
    などに最適

3.荷重条件を選ぶ

グレーチングにかかる荷重によって歩道用と車道用に分かれております。また車道用は乗用車(T-2)、小型トラック(T-6)、大型バス・大型トラック(T-14)、ミキサー車・タンプカー(T-20)など幅広い荷重条件でのグレーチングを製造しておりますが、ネットショップでは人のみ~乗用車(T-2)までのグレーチングを取り扱っております。

4.普通目・細目を選ぶ

普通目

普通目

主に歩道で利用され、あらゆる方向からの進入に対して、小さな車輪のはまり込み、落ち込みを防止します。

細目

細目

ベビーカーや自転車、車いす、お年寄りのステッキカー等の車輪の落ち込みを防止します。

5.すべり防止機能を選ぶ

スチール製品

ザラザラタイプ

ザラザラタイプ

ザラザラタイプはグレーチングの主部材の表面に細かなザラザラ模様を施すことにより、摩擦を増やし滑り防止機能を向上させており、特に革靴やスニーカーなど底の平らな靴を履いた歩行者に効果を発揮します。

Dグリップタイプ

Dグリップタイプ

Dグリップタイプは、独自の技術で開発した突起模様によりさらに摩擦を増やし滑り防止機能を向上させています。滑り抵抗値BPN=40を鋼製グレーチングで初めてクリアしています。アスファルトやコンクリートの基準値として歩行者が安全かつ円滑に利用できる目安としてBPN=40以上が望ましいとされています。

  • BPN値とは、英国式ポータブル・スキッド・レジスタンス・テスターを用いて求められた数字であり、この数字が大きいほど滑りにくく、小さいとすべりやすくなります。

ステンレス製品

プレーン

プレーン

最も一般的なタイプです。主部材上にローレット加工は施しておりません。

ノンスリップ

ノンスリップ

ノンスリップタイプは、主部材の表面に細かなローレット施すことにより、スベリ抑止性能を高めております。