• WEBサービス
  • コーポレートサイト
  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • TOP
  • >
  • ますぶたタイプ スチールグレーチング

ますぶたタイプ スチールグレーチング

ますぶたタイプのグレーチングとは

側溝のところどころにある集水枡のふた用グレーチングが、ますぶたグレーチングです。一般のグレーヘチングとは違い、正方形に近い形をしています。ますぶたタイプには、マス穴にたまつた砂やゴミの清掃が容易な開閉タイプなどもございますが、当ショップでは最も一般的な四周落し込みタイプを掲載しております。

なお、ますぶたタイプグレーチングは、正方形に近い形となっていますが、設置に際しては主部材方向を車両進行方向に必ず設置ください。また、マス穴寸法に関係なく、主部材方向が長さ・ツイストバー方向(ねじった棒)が幅となります。

スチールグレーチングは全て滑り止め加工付

ザラザラ、Dグリップですべりを防止!

ザラザラ、Dグリップですべりを防止!
ザラザラタイプは主部材の表面に細かなローレット模様を施すことにより、摩擦を増やして滑り防止機能を向上させ、紳士靴やスニーカーなど底の平らな靴を履いた歩行者に効果を発揮します。
Dグリップは、独自の技術で開発した突起模様によりさらに摩擦を増やし滑り防止機能を向上させています。滑り抵抗値BPN=40を鋼製グレーチングで初めてクリアしています。アスファルトやコンクリートの基準値として歩行者が安全かつ円滑に利用できる目安としてBPN=40以上が望ましいとされています。
  • BPN値とは、英国式ポータブル・スキッド・レジスタンス・テスターを用いて求められた数字であり、この数字が大きいほど滑りにくく、小さいとすべりやすくなります。

50mmピッチのツイストバーで落ち込みを防止!

50mmピッチのツイストバーで落ち込みを防止!
普通目タイプの全てのツイストバーピッチを100mmから50mmに変更しました。ベビーカーや自転車、車椅子、お年寄りのステッキカーなどの車輪の落ち込みをあらゆる方向からの進入に対して防止します。

さらに細目でヒールのかかともはまりにくく!

さらに細目でヒールのかかともはまりにくく!
ベアリングバーの間隔を並目の約半分にした細目タイプもございます。ハイヒールのかかとなどがはまりにくく、小さい車輪のベビーカーやステッキカーも安心して通過することができます。

滑りにくいオリジナル模様

独自の技術で開発した突起模様により、従来品より摩擦を増やし滑り防止機能を向上させました。

安全性の評価

滑り抵抗値BPN=40を鋼製グレーチングで初めてクリアいたしました。
アスファルトやコンクリートの基準値として歩行者が安全かつ円滑に利用できる目安としてBPN=40以上が望ましいとされています。

BPNとは

BPNとは英国式ポータブル・スキッド・レジスタンス・テスターを用いて求められる数字です。この数字が大きいと滑りにくく、小さいと滑りやすくなります。

D-Grip表面

新登場 D-Gripなら BPN=40(*脚注参照)を達成 [Dグリップタイプ細目と並目の写真]

*1 数値は実測値です。

ダイクレのグレーチングはザラザラ・Dグリップタイプ、細目に50mmピッチタイプのラインナップにより『すべらない、はまりにくいが標準装備』になりました。施工場所、用途にあわせて豊富なバリエーションの中から、最適な製品を選択することで豊かなバリアフリー環境実現のお手伝いをいたします。